FC2ブログ
     

    東京・練馬のアロマテラピーの店キルケ店主のブログ

    しつこい今流行の風邪

    皆さまへ


    今流行っている咳ゴホゴホがなかなか収まらない風邪をキルケ店主もひいてます。

    10日過ぎても鼻炎をひっぱっているため耳鼻科で新たに薬(漢方2種含む)ももらってきましたが、体力温存でやり過ごすしかない様です。オイルケアで咳によるダメ-ジを和らげてましたが、鼻炎が残っている以上どうしても炎症がすっかり取れないので気持ち悪いです。鼻炎があると頭痛も起きやすいし、酷くはないものの何かの拍子で少しは咳もでます。

    熱があってリハビリドタキャン後初でPT先生のリハビリを受けましたが、やはり肩関節はリンパ節にも近いため炎症があるうちはハ-ドに出来ないそうで咳などによる胸かくの歪みを整えてもらったり両手にタオルを持っての腕上げ運動少々に。
    胸かくが肺炎や気管支炎やったひとみたいと言われ、「え~!!肺炎!」(そんなのやっぱり分かるの?)
    咳は一度で出始まると落ち着くまで大変だし体力を消耗しますからね。咳1回で2~3カロリ-が消費されるため立て続けに咳をすると痩せるという知識も披露されました。エライ!しかし、キルケ店主は栄養ドリンクの飲み比べを日替わりでやっていたので痩せてはいないです。「手もむくんでる。」と言われ自覚症状は足しかなかった為、「い-や太ったんじゃね」と思ってしまったが、やはり毎日のように、それにこれまで多くの患者さんの身体に接触しているPT先生らは分かるのだそうです。たまに、そんなことまで分かるのか!見えてるのか、生活が?と思うこともあります。w(゚o゚)w そういうお仕事なのでしょうね。。。そういえばキルケ店主も毎日のように人に触っていた頃は人の身体のむくみやこわばりに敏感だったことを思い出しました。

    ※連続して薬を飲んでいること、栄養ドリンクも連続して飲んでいることの副作用でむくみが出ている場合もあります。皆さんは真似しないであまり薬に頼りすぎずゆっくり休みましょう!

    確かに肺炎を心配する年齢になってきたので、香りを吸っても咳きこまなくなったのでクインエッセンス社の「アンチウイルス」(バジル・ジュニパ-ベリ-・ティ-トリ-・ラベンサラのブレンド精油)とライムをティッシュに数滴落として吸入しました。胸部感染症予防改善に肺胞まで到達するように鼻から口から交互に5分近くやります。夜寝る前にももう一度。(枕元に香りを含ませたティッシュを置いておくとコスパも良く効果的です)

    アンチウイルスイメ-ジ
    しそ科のバジル・樹木とライムの香りイメ-ジです。

    いかがでしょうか。樹木とバジルがややスパイシ-なベースの部分もありますが、ライムを多めにするとトップノ―トがすごく爽やか。
    アンチウイルス 10ml 3,000円 5ml 1800円
    ライム 10ml 2,100円 5ml 1600円

    当面水泳はお休み。久方ぶりのヘビ-な風邪疲れでロ-ラを目指すという気力もなくなったため、目標を深キョン、いや常盤貴子に変えることにしました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・。え?

    いやいや誰か何か言ってくれ~!
    まだ頭大丈夫です。

    Ciao!!

    email : lindengreen@nifty.com
    cell phone: 080-6617-4712

    スポンサーサイト



    PageTop