FC2ブログ
     

    東京・練馬のアロマテラピーの店キルケ店主のブログ

    アラフィフ以降のデリケートゾーンのオイルケア

    妙齢の女性のみなさま

    こんばんは。

    注目されるようになってからどうも何年も経っているようなので今更かもしれないですが、掘り起こします。以前の記事ではわざわざアラフィフ以降などと年齢のターゲットはなかったと思います。
    若くても薬の副作用、過労、ストレス、妊娠などでカンジタ、雑菌性の膣炎になることはありますので、そんなときのブルーも取り払うべくアロマオイルケアをマギー・ティスランドさんやモニカ・ヴェルガーさんの著書を参考にさせていただきながらキルケ店主の経験、実験を踏まえて書いてまいりました。

    キルケ店主も四捨五入すると高齢者になってしまいました。(いやーしたくなかったわ)若いころは月経困難症、子宮内膜症、子宮後屈と生理が重いのが一番の悩みでありましたから漢方薬やアロマテラピーで少しでも楽になりたかったわけで、それとおさらば出来るなんてこの上ないことでした。しかし!!生理がなくなりエストロゲンが放出されなくなってからの不都合も早めに何とかしていかないといけなくなっておりましたとさ。
    サプリメントや漢方薬の服用も大変結構と思いますが、デリケートゾーン(膣内含む)を乾燥させず弾力を持たせておく、オイルなどを使用し、顔の皮膚同様アンチエイジングをすることが更年期前後の女性のQOL向上にマストだということでございます。老人性膣炎、性交痛(どちらも症状名称最悪ですな)など潤い不足を放置するとこのようなことになり、受けるダメージは心身ともに軽くはなく一定の治療が必要になるといいます。
    フランスをはじめとする欧州の女性たちはこれらを想定して予防のためにケア用品を早いうちから使用しており、もはやエチケットのカテゴリなのだとか。さすがに「女性は50歳から」という国だけのことはありますな。

    「日本人には無理だよ」
    「面倒くさい」
    「セックスしなくていいんじゃないの」

    などなど私の友人知人の声がすぐさま上がりました。そう思うのも良しとしましょう。

    しかし!!健康維持(婦人科系、泌尿器科系)の感染症、そのほかのエストロゲン不足に起因する疾病予防にもつながり体全体から見たアンチエイジングにも有益だとすると心にも大きな影響があると考えられますね。。。前置きはこれくらいにして。

    じゃあやってみようじゃありませんか。お風呂上りにちょちょいと塗れるように用意をして置けば良いわけです。さて、何を使うかです。
    まずはベタベタしないホホバ。高いですね。なのでこれにそんなには高くないアプリコットカーネルオイルやピーチカーネルオイルを適量を加えるも良し、生殖器の強壮作用を期待したい方にはヘーゼルナッツオイル、マカデミアナッツオイルがよろしいかと思います。

    たとえばです。60mlボトルに作成するなら植物油は
    ホホバ40ml
    ヘーゼルナッツオイル20mlで計60mlにするなど。

    そして香り付けしたい方に断然お勧めなのが高いですが
    ローズオットー3滴
    サンダルウッド3滴 計6滴 1%以内にしていただくのがお勧めです。

    濃い香りがお好きな方であっても粘膜に塗る訳ですので、ここは慎重にお願い致します。初めて試みる方は0.5%以内からスタートして足し算していくと良いでしょう。引き算は出来ないのでご注意くださいね。材料のロスにもなりますし。

    何がしかの膣炎があり、痒み、炎症がある場合は薬局に売っているビデにティートリー1滴を入れてシェイクして膣内洗浄を浴室で行ってからオイルを塗ることをお勧めします。
    その際は

    上記の植物油に
    ラベンダー2滴
    ティートリー2滴
    ローズオットー1滴
    サンダルウッド1滴  計6滴

    ※予算オーバーという方はローズオットー、サンダルウッド(マイソール)を外してラベンダーとティートリーそれぞれ3滴でも十分良い香りが体の中から香ってくるのが分かりますので、馬鹿に出来ないですよ。まあ、ローズオットーやサンダルウッドが入るとさらにさらに素敵ですけどね。膣内に塗るとなるとハードルが高い方が多いと思います。自分の中に指にたっぷりオイルを付けて慎重に挿入してくるりと出来るだけ一周させるイメージでお願いします。外陰部には優しく塗布して馴染ませる感じです。気になるようならショーツを履く前に軽くティッシュオフしてください。

    もっと詳しく聞きたい!という方は個別に相談させていただきますのでメールにてご連絡くださいませ。ご予約購入も材料が揃い次第承っております。

    最後にこのてのケアは本当にやる気になるのが大変です。モチベーションアップにはご自分の若かった頃の写真を見たりすると良いです。ちなみにこのように。。。あああ、、、若かった、、、細かった、、、今はどこにもいないワタシよ。。。

    24歳2
    24歳 エジプト旅行 画像加工ホントに無し

    24歳3
    24歳 アスワンハイダムを背景にモデル気取り ウエストポーチがいずれも痛いが 画像加工ホントに無し

    24歳1
    これも24歳 エジプトのどこだろう。。。今よりクールなメイク バブル期です しつこいですが画像加工無し
    ※ちなみに一度目の結婚の際の旅行でございました

    放つ物が違いません?これがエストロゲンの力か。。。これに戻ることは出来ないですが、ダイエットも頑張る気になってきます。
    キュートなおばちゃん目指します。もちろんローラっぽい!!!

    皆さまも試してみてくださいね♪

    Ciao!!

    キルケ店主 佐々木

    email: lindengreen@nifty.com
    cell phone: 080-6617-4712


    スポンサーサイト



    PageTop