FC2ブログ
     

    東京・練馬のアロマテラピーの店キルケ店主のブログ

    メリッサとローレルリーフ

    この時期こそメリッサとローレルリーフだな。とキルケ店主は思っております。

    メリッサとローレルリーフ
    右がメリッサ、左がローレルです。

    メリッサはシソ科で花と葉から水蒸気蒸留法で抽出されるシトラスとフローラルが絶妙に交じり合った香りで鎮静と高揚という両価性が特徴です。強心、抗うつ、抗アレルギー、子宮強壮作用も有名です。
    ローレルリーフはクスノキ科でその名のとおり月桂樹の葉から水蒸気蒸留法で抽出されるグリーンな中にややスパイシーながらも甘さのある香りです。鎮痛、解熱、抗神経障害、強肝、発汗、利尿作用などが有名です。
    ※参考文献:フレグランスジャーナル社 アロマテラピーのための84の精油 ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳

    本当にキルケ店主はこの二つを同時に使用したブレンドオイルをこの時期に使うのが好きなのです。季節感があってなおかつこの時期に出やすい不調を解消してくれるからなのですが、その不調があるからこそこれらの香りのよさが十分にキャッチできるのだと思います。そういった意味ではこの時期のブルーに感謝です。

    アロマテラピーサロン キルケのホームページはこちらから→

    スポンサーサイト



    PageTop