FC2ブログ
     

    東京・練馬のアロマテラピーの店キルケ店主のブログ

    父他界も母元気

    皆さまへ

    こんばんは。

    今年は昨年負った怪我のリハビリを続ける中で父が他界し、重篤な心臓疾患を抱え、9年前にすでに危ないといわれていた母の代わりに喪主を務めたキルケ店主でございました。

    母は治るわけではない心臓疾患があるものの、先生に恵まれ、また病気に飲まれる人ではなく、大変良い状態でこの11月に誕生日を迎えました。配偶者に死なれるとがっくり来る人は男性に多く、女性は年が行けば行くほど元気になる人が多いそうですが、母もその一人。(主治医の先生があまりに素敵だからかな。キルケ店主もファンですけど)父にはいろいろ苦労させられましたが、良い晩年を過ごせていると思います。

    不仲な夫婦で60歳で別居して20年を過ぎ、最後は何故か父の執念がそうさせたのか母の住む生花店に最も近い施設に移って最後の面会者で最も多く足を運んだのが母でした。父の最期のときまで早く直して家に帰って自家菜園をやれるように種を幾つか買っておいてやるなどと言っていたそうで、長く別居していたくせに昨日まで一緒に住んでいたかのような話でした。しんみりとした話はここまで。

    母は何事にも執着しない人で、気持ちの切り替えが早い。父の施設から戻された遺品をどう捨てようか迷う私を一蹴し大方をごみに出しました。唯一残したのがプラスチックのゴミ箱。これは花屋で使えると言ってすぐに使い始め、他はすべてゴミにしました。

    今月はワールドカップラグビ-にはまり大分ルールも覚えました。スポ-ツ観戦がとにかく何でも好き。最近のドラマも好きで「まだ結婚できない男」「続・おっさんずラブ」も好きで見ているらしく驚きました。片目が網膜はく離で見えてないのによく見えるものだと思います。

    やはり思いますに、歳をとってもほんの少しでも仕事があり、コミュニティがある女性はボケずに元気でいられますね。

    私め、ばらばら家族の平和維持活動を40代からしてきて思いますのは一緒にいても上手くいかないならばらばらも悪くないなと。

    私もマイぺ-スで母の歳までキルケ店主としてやって行きたいと思いました。(^-^)/

    それと主治医の先生が素敵なのは母の運の強さだと思うので、そこはあやかりたいと強く思います。(=∀=)

    キルケ店主 佐々木

    スポンサーサイト



    PageTop

    キルケ店主電車内で怒る

    皆さま


    こんばんは。

    こんな丑三つ時で恐縮です。

    本日西武有楽町線車内でかなり出来上がった20代女子2人がわたしの前に座りました。

    意味不明な内容ですが、楽しそうに盛り上がってました。が、程なくぷっつり寝始まり、小竹向原で乗り換えるの言っていたにもかかわらず立ち上がりません。しかし、ひとりが気づいて小竹向原でもう一人を立たせよとしたものの酔いが回りすぎてまた座り寝始まりました。これは危なすぎると思い、おばちゃんキルケはスマホを落としたままで寝ている彼女の肩をたたき、「小竹で降りるんだったのでしょう!今新桜台だから降りて小竹に戻りなさい、スマホを拾って早く降りなさい!」というと充血した目で「あ、はいすいません。」となんとか立ち上がり降りていきました際、しっかりしなさい!!と喝を入れました。

    キルケ店主も似た年齢のとき酷いもので自分のこと棚に上げないといえることじゃないですが。。。

    彼女ら無事だといいけど。

    キルケ店主 佐々木

    PageTop

    キルケ店主実家の無事報告です

    皆さまへ

    台風19号は福島県にも甚大な被害をもたらしました。

    幸いキルケ店主の実家がある福島市は被害が少なく、近くの川もなんとか氾濫までには至らず、断水も無く、ライフラインに支障無く生活できております。一昨日から昨日夕方まで帰省し、弟の病院の付き添いと冬支度をし、花屋の母の様子も見てきましたが、それなりに元気にしております。ご心配いただきました方々に心より御礼申し上げます。

    福島市も多数の避難所が設けられ、避難解除まで滞在された医療従事者の方も少なくなかったようです。弟の主治医の先生も奥様と小学校に避難し、ダンボールの中で過ごされたそうです。

    また、大きな台風が再来しないこと、福島県のみならず今台風でインフラが壊れたエリアの一日も早い復旧を祈るばかり
    です。

    また、今台風の被害で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

    取り急ぎ、報告させていただきました。

    キルケ店主 佐々木

    PageTop

    イクメンパパと思いきや

    皆さま

    こんばんは。

    夏も終わりですね。一般的な夏休みも私はほぼ毎日、仕事で電車に乗っていました。たくさんの家族連れを見ました中で、30代前半くらいのパパと小学校低学年の息子さんのお二人がどこかに遊びに行くような感じで、それぞれ張り切っている空気が感じられました。

    パパはしっかりと息子さんと手を繋いで、私の隣のシートが空くと一目散に飛んで来て座り、息子さんにどこで降りるか話をしてスマホの画面を食い入るように見ていました。これから行く目的地の事を調べているのでしょう。何かとても必死で息子さんの為に感心な男性だと思いました。今どきのイクメンパパは立派だ、ママは体調不良で来られなくなったのかもしれないな、などと想像してはぐれないように気をつけて楽しんできてね、なんて心の中で話かけたりしてました。

    しかし、しばらくして何の気なしにイクメンパパのスマホ画面をチラ見したら‼️

    残念!w(゚o゚)w((((;゚Д゚)))))))ε=ε=(怒゚Д゚)ノ。゚(゚´Д`゚)゚。


    私のイクメンパパのイメージがガラガラと倒壊してしまったのです。

    何がしかのアイドルなのか分かりません。とにかく女の子達が風俗っぽい姿で自身を映した動画のサイト集をパパは必死で見ていたのでした。それを見る事をもちろんダメとは思いません。なぜ、わざわざ今なのかなのです。多分息子さんも分かっていると思います。なんだかとても残念な気分になってしまった。。。
    せっかく息子さんと2人で出かけているのだから、息子さんに集中しなさいよねと、説教くさい事を考えました。
    パパたちそんなに時間がないものなのかなー。

    こんなもんかな?私の父も自分自分の人だったけど。
    それでも良い夏休みの思い出になるのかな。

    どう思います?^_^

    キルケ店主 佐々木

    PageTop

    新盆のお供え物

    皆さま

    こんばんは。

    お盆は皆さまどう過ごされましたか?

    キルケ店主の実家の新盆は茶の間をゴミ屋敷同然のところを綺麗にして住職に読経していただくため、料理まで出来ず、父もかつてお世話になっていたお弁当屋さんにお供え物用のお弁当を注文しました。お酒も一緒です。

    お供え物

    父念願の帰宅でしたから普段は注文しない彩りよいお弁当「花見山」とお酒で喜んでくれたと思います。
    写真には撮りませんでいたが、読経中は草餅とお茶をお供えしておりました。

    住職ご持参の鐘の音が父の慶ぶ声に聞こえました。

    キルケ店主 佐々木

    PageTop