fc2ブログ
     

    東京・練馬のアロマテラピーの店キルケのブログ

    右上腕骨骨折受傷から丸3年※追記あり※

    骨折経験のある皆さま

    こんばんは。

    この11月で深刻な右上腕部の骨折から丸3年が経ちました。

    もう、この部位のリハビリではクリニックに通ってません。

    気圧や気温の変化が大きいと少しいたいことはありますが、今は骨折部位の痛みより、元々持っている腰痛の方が気になることが多いです。
    また、上腕部を骨折する原因になった右肘上を強打したところが未だに痛いことに気づくとき、怖さが蘇ってきます。
    今も触ると痛みが少しになりましたが、残ってはいます。サッシのレールに全体重を滑って秒で打ちつけて壊してますから、それは完全には元に戻るわけないですね。
    それでも、思い出す程度の痛みになってくれて良かったです。丸3年かかりましたが。

    実は今も右肩関節の動きが悪くなっている時、お掃除に精を出すと右手首が痛くなるのは繰り返してます。肩関節が動きにくい分、右手首に負担がかかっているようです。
    そうなると、無理しないで怠けたり、ロキソニンを服用したり貼ったり、近所の整形外科で右腕全体の調整リハビリをしてもらうこともあります。
    自分でもなるべく最初にかかっていた整形外科のPT先生に教わったリハビリをやるようにしているのですが、充分じゃないことがあるんでしょうね。仕方がないですね。
    今はこの程度で済んで良かったと思うようになりました。

    骨折後の3年間、ホントにいろいろと大変なことが重なりました。半年後に父が他界し、お葬式を出し、リハビリ2年後にコロナウイルスが蔓延。福島に行くことができなくなり、半年後に弟の精神疾患悪化で入院。今年2月に福島沖地震で実家が全壊状態と7月に判明。現在も大規模修繕工事中で毎月一度は業者さんと打ち合わせなどで帰福。そのため、毎月PCR検査受検。

    ちなみにこの11月も陰性で福島に行ってきました。感染者数が大分減りましたし、ワクチン2回接種済みなので以前よりは随分と気が楽になりました。

    激動の丸3年でした。

    父はあの世で、弟は病院でそれなりに元気に過ごしているようです。
    父は特にあの世から家の改築を見守っていることでしょう。私、キルケ店主は7年後に福島に帰り、老後を改築した実家で生活することにしましたので、おそらくほっとしてみていることでしょう。
    生花店の自分の実家で世話になっている母も持病はあるものの私が戻るという意志があることがわかって気分が落ち着いたようです。

    キルケは福島でも続ける予定です。

    コロナの完全収束もまだですし、地震も頻発してますし、この先何があるかわかりません。
    しかし、前を向いて行くしかありません。前進あるのみです。まだコロナ下ですが、少しは楽しみつつ。

    近く骨折回復3周年記念プチご褒美イベントを考えてます。単に飲み食いになりそうですけど。

    あ、3周年点検の右肩関節リハビリもどこかで予約を無理くり入れてもらうのも良いかも。どうせならガッツリパワーリハビリで。大丈夫かなぁ。
    PT先生がスケジュールタイトでポロポロの可能性大だなぁ。( ̄∀ ̄)

    ま、ダメ元で連絡してみよう。

    それよりまだ居るかな。
    まだいてくだされ〜!ふふふ。

    まだまだリハビリ真っ只中の皆さまよ。
    何があってもキルケ店主のように能天気に
    リハビリ続けてくださいね!
    *\(^o^)/*

    Ciao!!

    キルケ店主 佐々木

    続きを読む

    スポンサーサイト



    PageTop

    弾ける歓楽街@新橋ガード下(追記あり)

    弾けるかどうか迷っている皆さま

    こんばんは。

    最近も夜遅く、新橋ガード下周辺を仕事終わりに通りました。
    宣言解除前からかなりの人が飲み屋さんで集うのを見てまいりましたが、このところの感染者数の減少が影響しているためか分かりませんが、マスク無しで飲み屋さんで楽しむ大勢の人たちを見ました。新橋駅までの通りにも店を物色する人たちでごった返す中を足早に突き抜けようとしたら、

    「お姉さん!女性は無料です!どうぞ!」

    とガールズバーらしき店の呼び込みの女の子に声をかけられました。

    ありがとう!でも無理。と目で言い、顎マスクで弾ける若いサラリーマン達の間を駆け足で通り抜けました。

    気持ちは分かるが、これじゃイギリスやドイツと同じく感染者急増も時間の問題じゃないの?
    ガールズバー女性無料ってさ。
    いや、ワタシ、仕事終わりはまだ化けたままで顔、ヘアスタイルとも10歳若見え狙って作り込んでますから、ガールズバーにシックな花を咲かせる自信がまだありますわよ。
    ほほほ。
    いやあ、しかしまぁ経営者としては早く沢山の人に戻って欲しいのでしょう。その気持ちも痛いほど分かります。

    なんだか、とても複雑な気持ちで帰路に着きました。( ̄▽ ̄;)

    みんな気をつけよう!

    Ciao !!

    キルケ店主 佐々木
    PageTop

    小学3年生女の子に負けた😣

    腰痛その他古傷持ちの皆さまへ

    こんにちは!

    この10月やたらに冷え込んで古傷が痛むこと多く、また疲労も出やすい月でしたよね。

    ちょくちょく腰温めにクリニックの電気治療に行く予定だったのに、多忙と疲労を理由にその冷えて痛む腰があがらなかったです。
    ( ; ; )
    しかし、先日やっとこさ行ったら、となりで小学3年生の女の子Aちゃんが座って足の甲と裏両面のホットパックをしていたので、いつ頃のどんな怪我か聞いてみる。
    「遊んでて転んで靭帯断裂!もう2年くらいこれやってる。寒いと痛くなるから毎日来てるよ。」

    偉い!子どもでも痛いと毎日整形外科にホットパックに来るというのに。
    おばはんダメじゃんね。面倒くさくなるとすぐ、腰痛はロキソニンやホカロンに頼ってしまうからねぇ。

    「でも、もう一輪車に乗って遊んでるよ。」

    と自慢げだ。

    「すごいね!また、転ばないように気をつけてね。」

    「うん。大丈夫。」

    やはり、子どもの怪我も酷いと冷えで痛むのね、としみじみ怪我は大変だなぁと思いました。

    もうじき、右上腕骨近位端骨折からは丸3年です。

    冷えてやや痛いことはもちろんありですが、大分気にならない感じになりました。歳月もあり、状況に慣れたこともあると思うのですが、やっぱり、心のどこかでホントはダメかもと思いつつ、運動リハビリを丸2年と長くやってきた結果と思います。
    諦め気分を持ちつつもやめないことが怪我の辛いリハビリに向き合うコツかなぁ。
    あとはPT先生と状況をおもしろがってやることかなぁ。先生も生身の人間だから、自身もあちこち傷んでるから同調してもらえて良いかと思います。
    ま、仕事だから大変ですけどね。

    それにしてもAちゃん、アナタは偉い。年齢は孫に当たるが同じ怪我経験者として張り合わせていただこう!
    おばはん(やっぱりばあちゃんかな)、毎日は無理だけど、腰ぽかぽかプロジェクトになるよう、週2、3は行けるようにするからあったらまた声かけるね❣️

    リハビリ真っ只中の皆さまも明るくしれっと通いましょう!

    Ciao !!

    キルケ店主 佐々木

    PageTop

    10月のPCR検査結果と昔の恥

    皆さまへ

    こんにちは。

    緊急事態宣言も解除され、キルケ店主も少しずつは日常を取り戻そうかとは思っているのですが、何からどう始めるか悩みます。

    一番リスキーな外での飲食を早く安心して出来るといいですが、正直、アルコールが入ると私めも気が大きくなるのは目に見えているので、まだ厳しいと思ってます。
    福島の実家の改築関係の打ち合わせもありますし、そのほか諸々で毎月往復がありますので、気を緩めて感染するわけにいかないんですよね。

    ワクチン接種率も国全体で6割超えといわれてますが、8割超えたらランチで外食からスタートしてみようかなぁ。

    先日の記事で車中泥酔&爆睡女子の話書きましたが、キルケ店主も若い頃、そうですね20代半ばに日本酒、冷酒を水のように飲み、気づいたら警察署で保護されていたという笑えないけど、何事も無かったから笑える経験があります。
    どこかで靴を脱ぎ捨ててしまっていたらしく、警察署ではスリッパを履かせてもらってました。
    自宅住所も電話番号も分からない、日本語も分かりません。フィリピンから来ましたなどとのたまい、タガログイングリッシュらしき言語と流暢としかいいようがない日本語のちゃんぽんから、どう考えても日本人だと思ったとお世話をしてくれた警察官の方がおっしゃってました。
    酔いが覚めてきて恥ずかしいというレベルを遥かに超え、危機感を感じました。
    私は酒で失敗するタイプの人間だと自覚するに至りました。
    英語もその頃はほとんど出来ませんでしたが、多分、出来るようになりたいのだなと自分が哀れになり、30歳を目標に英語で必要最低限の意思疎通が出来るように練習しました。
    この飲み過ぎをきっかけに自己改革したお陰で今があるわけですが、ま、警察に保護されなければ出来ないようじゃダメですよね。f^_^;

    話が大脱線してますが、PCR検査はやはり受けることにしてますと、自分を律することが出来るなぁと思います。今月も陰性でしたけれども、
    結果が出るまでやはり、毎回もしやと思ってドキドキはするんです。
    しかし、キルケ店主のようにハメを外すととことん飲んでしまうような性格が根っこにある人には定期的PCR検査とくにおすすめです。

    というか、検査費用を国が出すべきだし、確定申告で還付するとか考えて欲しいですね。

    ともかくまだまだ気をつけないとですね。

    Ciao !!

    キルケ店主 佐々木

    PageTop

    いろいろ要注意!地震も飲み過ぎも

    緊急事態宣言解除後
    弾けたい皆さまへ

    こんにちは。

    感染者数も減って、緊急事態宣言解除前から既に都心の繁華街はコロナ前に戻ってきつつあったので、解除後に人流はドンと戻るのは分かってました。
    しかし、若い女子たち、外で飲み過ぎというか、ビッチ早すぎなんですよ。きっと。
    電車の中で爆睡の危うい女子多発中。
    おばさんも注意しきれんよ!
    疲れて目配り出来ないよ!

    と思って西武池袋駅から各停に乗り、シートに座って発車待ちしてたら、一つ空けて隣に座っていた20代前半くらいの男子が
    「すいません。あの、、、」

    と声をかけてきた。もちろんナンパではない。
    前に座っている女の子がどうも上り電車に乗ってきて、眠ったまま起きてなさそうなのだが、駅員を呼んだ方が良いですかねと聞いてきたのです。
    「あら、そうですか。でも、もう電車出るから、私が声かけします。」

    女性の前まで行き大きめな声で「今池袋ですよ!」と言って、お膝をポンポンしました。

    女性は20代半ば位で、爆睡中だったため驚いて飛ぶように立ち上がって電車から出て行きました。礼は彼女に気づいた男子が代わりに一礼してくれた。あれじゃ心配ですよね。そうですね。と会話して終了。

    男子が声かけすると変な嫌疑をかけられるという判断だったのでしょうね。

    女性は犯罪に巻き込まれる可能性が高く、酷い結果が待っていることが多いので特に今は気をつけて欲しいですね。このお兄さんや私のような善良な市民ばかりではないですから。

    地震の日もキルケ店主は電車の中でした。
    変な揺れかたしているな今日の電車と思ったら、久々に全ての乗客の携帯がウィンウィンとなり出し、電車が止まりました。
    そんな時もまた泥酔女子がおり、スマホを床に落としていた、、、。知り合いと一緒のようだったから、世話はやかなかったです。

    もちろんキルケ店主はまだ外では飲みませんので、しらふで仕事帰りでした。

    10年ぶりの大きな地震で怖かったですね。

    コロナ明け待ち遠しいし、弾けたいのも分かるけど、いつ災難が降りかかるか分からないからまだ十分に気をつけましょうね。☹️

    Ciao !!

    キルケ店主 佐々木

    PageTop